• ホーム
  • コスパにこだわるならレボクインがおすすめ!クラビットのジェネリック薬です

コスパにこだわるならレボクインがおすすめ!クラビットのジェネリック薬です

2020年01月10日
男性を診ている医者

レボクインはクラビットのジェネリック医薬品で、クラミジアなどの性感染症の抗生物質として用いられることが多いです。成分はクラビットと同様でレボフロキサシンという有効成分が配合されており、ジェネリック医薬品なのでコストが低いところが特徴になります。ジェネリック医薬品は先発薬が開発され、その特許が切れた時に同じ成分を用いて製造される医薬品のことで安全性も認められています。

研究・開発自体に高額な費用がかかっていないので、先発薬よりも4分の1ほど安く購入することができます。これによりレボクインはクラビットよりも安く購入できますし、クラビットとほぼ同様の効果を得ることができるので人気があります。価格の面からクラビットよりも、レボクインを選んで使用している人もいるくらいです。

この2つの薬の違いは製造国にもあり、クラビットは国内の製薬会社が製造していて日本製になります。レボクインはインドの製薬会社が製造していますが、インド性は安いジェネリック医薬品が多く製造されており、品質や安全性も確立されています。これにより外国製であっても安心して利用することができるのも、レボクインの大きな特徴です。双方に含まれているレボフロキサシンには、細菌の殺菌効果があり今までの抗生物質に比べても、抗菌作用が高いところも特徴になります。

小さな病巣まで有効成分が届きやすい仕様になっているので、高い抗菌作用が期待できます。レボフロキサシンはニューキノロン系の抗生物質ですが、他の抗生物質と比べてもアレルギーがある人でも使えるところがメリットです。
細菌がDNAを複製することを阻害する作用があるのはレボフロキサシンで、それにより強い殺菌効果を発揮します。2つの薬は皮膚感染症や呼吸器感染症、婦人科感染症・泌尿器感染症など色々な疾患に用いられています。レボクインは経口服用になりますが、1回100mgを1日2回または3回服用することが一般的です。

レボクインは抗生物質に分類されるので、決められた用量を最後まで飲みきることが基本になります。数回服用し症状が良くなったということで、服用を中止すれば細菌が体内に残る可能性があります。これで耐性菌ができることもあるので、しっかりと用法・用量を守る必要があり、これにより完治させます。性器クラミジアの場合は、レボクインを服用すれば2週間くらいで完治することが多く、最後まで治療をすることで再発を防ぐことができます。